このページのトップへ
ホーム » 専門用語集

専門用語集

ClipboardImage

エクステリアや外構、土木関連工事では、数々の専門用語が使われます。
こちらのコーナーでは、その一部をご紹介いたします。

もちろん、弊社ではなるべくお客様にわかりやすい言葉を使ってお打合せなど行っておりますので、どうぞご安心ください。
エクステリア・外構・土木関連専門用語集

あ行
アンカーボルト
木材や鋼材といった構造部材、もしくは設備機器などを固定するために、コンクリートに埋め込んで使用するボルトのこと。

アイアン 
鉄の事をいいます。門扉は表札等色々な所で使われています。

犬ばしり
垣と溝の間や土手の斜面に設けられた細長い通路や平地部分。犬が通れるくらいの幅しかない道という意味合いから呼ばれる。

埋殺し(うめころし)
基礎工事などに使用した仮設材料を撤去せず、そのまま埋めこんで土砂などの埋め戻しをすること。

ウッドデッキ 
建物の前に張り出す形で設けられるテラスで、基本木製のものをいいます

アプローチ
門から玄関までの通路の事です。

踊り場
人又は機械が作業する広い場所。

アコーディオン門扉
カーポートや通路の入り口に設置する伸縮性の扉。

か行
掻均し(かきならし)
切り取り、盛り土の高さがほとんどゼロに近い地盤などにおいて、その凹凸個所を均して所定の施工基面に仕上げること。

カーポート
周囲が壁に囲まれていない、柱・屋根だけの駐車スペースのこと。
エクステリアでは、駐車スペースに設置する屋根や柱の事を指します。
屋根は建築基準法上、建物と同じ扱いになるので建ぺい率などに注意する必要がある。

カート
車のこと、いっぱん的に土木建築用語ではねこ車のことを指します。

キュービクル
鋼製の箱(大型のロッカー程度)におさめられた、既製の変圧室のことで、比較的自由に移動が可能で便利に出来ている

化粧ブロック
あらかじめ表面に色や凹凸を付けたコンクリートブロックのこと。積み終わるとほぼ完成となるため、比較的短期間で工事が完了します。

型枠(かたわく)
コンクリート打ちの工作物を作る時などに、その形や位置を保つために合板や角材で作る仮設の枠組み。

コンクリート
セメント、砂、砂利を水とともに練り混ぜ一体化したもの。

さ行
砕石(さいせき)
細かく砕いた石。工場で岩石を破砕して製造されるコンクリート用の骨材。

残土
工事などで掘削したさいに出る不要な土。

施主
工事を発注する側のこと。また施工主とも呼ばれます。

すきとり
切り取り路盤等の整地の為、所定の地盤面まで高い部分の土砂を削り取ることをいう

すてこん
下部を水平にならすため打ち込むコンクリートを捨コンという。

セメント
水などによって化学反応を起こし固まる性質を持った粉状のもの。

造成地(ぞうせいち)
自然地形をある木的のために地形変更したり、基盤整備した土地をいう。一般的には、宅地や工場などの建設のために地形変更や整備した土地のこと。

た行
ターンバックル
ワイヤロープ、アンカー等の締め付け用に使用される

面一(つらいち)
仕上げや納まりにおいて、表面の食い違い、段差のないこと。

吊り元(つりもと)
ドアなどの丁番など、回転軸側のこと。反対側を手先(てさき)という。

土間(どま)
元来は、家の中で床が土のままである部分をさす。土間の土を固く占め固めるため、赤粘土に石灰を加えて木槌で叩いて固めた床をたたきという。また、コンクリートを打設した土間床をたたきと呼ぶこともある。近年では、室内のコンクリート床にタイルや石を張って下足で使う部分(玄関の沓脱ぎなど)を土間と呼ぶこともある。駐車場のコンクリート部分も土間と呼ぶ。

玉石(たまいし)
河床や海岸で水に洗われ、角が取れて球形や楕円形になったもの。直径20〜30cm程度のもので、石積みに利用したり敷き詰めて玉石敷きに利用する。

床付け(とこづけ)
所定の深さまで掘削が完了した状態における基礎地盤面のことを床付けという。

な行
布基礎
Tの字を逆にした断面形状の鉄筋コンクリートが、連続して設けられた基礎のことで、住宅の基礎などにも使われます

生コン(ナマコン)
固まる前のやわらかい状態のコンクリートのこと。
工場で混ぜ練られて工事現場に運ばれてくるところからレディミクストコンクリートと呼ばれます。

法面(のりめん)
盛土や地山を切り取った時にできる土の傾斜面のこと。その他、長さを表す言葉として法(のり)っという。内法寸法など。

ぬりしろ
壁などモルタル等で塗り上げる厚さのこと。

根切り(ねぎり)
基礎や地下構造物を作るため、地盤を掘削すること。

根入り(ねいり)
地中または地下にはいる部分の深さをいう

は行
抜根(ばっこん)
竹や木などを根こそぎ掘り取ること。

はつり
コンクリート面、または石などの出っ張っている部分をノミなので削ること。

ピロティ
地上階を柱だけで壁を無くし、人が自由に動きまわれるようにした作り。

べた基礎
建築物の底面全体を版状の基礎とする形式。何女区な地盤でも不同沈下しにくく、一般の木造住宅にも採用される例が増えている。

ポーチ
建物の門、入口、通路部分。「玄関ポーチ」などのように屋根のある入口部分をさす。

棒頭
作業員の世話役をいう

ま行
枕木
もともとは線路をささえるためのものでしたが、最近では並べて立てることで、壁を形成したり地面に埋めてウッドパネルや階段に利用したり、様々な用途に使用されています。

盛り土
他から土を持ってきて人工的に、地盤を盛り上げたり、平らにしたりすること。

門扉
敷地内に不特定の人が入れないようにする目的で、敷地内の境界に設ける扉のこと。

目地(めじ)
タイルやブロック、レンガなどえお張ったり積んだ時の継ぎ目。仕上げ材を細い隙間をあけて納める方法。

目地糞(めじくそ)
レンガ積み、ブロック積み、石積み等の場合に目地からはみだしたり、目地の外に付着したモルタルのこと

面木(めんぎ)
コンクリート構造物の施工において柱、はりなどの出隅箇所に面を設けるため使われる、三角形の長細い木片。

むら
表面に多少凹凸等の不同があること、または色のまだら、濃淡などがあって不揃いなこと、木材のカンナかけのかんなむら、塗装の塗りむら、左官の塗りむらなどがある。

や行
溶接接合
金属自身を溶融または半溶融状態にして接合する方法。溶融、圧接、鍛接、ろう付けに分類する。型枠コンクリートブロック造などの鉄筋の溶接継手は、鉄筋径が細いため重ね溶接(フレアループ溶接)とする。

養生
打ち込んだコンクリートやモルタルが十分に硬化するように、低温・乾燥・衝撃などから保護する作業。

屋根勾配
屋根の水平面から見た屋根面の傾きのこと。

ら行
両開き(りょうびらき)
左右同じ大きさの2枚の扉を持ち、それぞれ反対側の端部を吊元として開閉する方式。原則として普段開閉するのは1枚のみで、他方は固定金具(落とし棒)で固定しておく。

ランマー
ガソリンエンジンの動力により自らの機械を跳ね上がらせ、自重と反発する衝撃によって路盤または基礎栗石などを突き固める機械

らんばり(乱貼り)
石材などを貼るときに目地が均等にならないような不定形な石の張り方、目地が十文字は絶対にNG

わ行
わり
割りを入れるなどといい、一般に連続する構造物などの途中に隙間(切れ目)を入れること。

ホーム » 専門用語集